iphoneとパソコンの同期するには

iphoneとパソコンの同期するには

iphoneとパソコンの同期は、iCloudに登録する方法と、iTunesを使った2つの方法が一般的です。
iCloudは、使用している端末内のデータを自動的に同期するもので、5GBまでは無料、それ以上は有料契約により利用可能となります。
一方iTunesは、音楽や動画、アプリなどの各種ライブラリを一括管理するためのツールで、パソコンにインストールして使用します。
iCloudの同期手順はこうなります。
最初に設定アプリ内にある「iCloud」を選択し、取得済みのAppleIDとパスワードを入力しサインインします。
続いて位置情報を使用するかどうかを選択すると、iCloudの使用が可能となります。
以降は設定アプリのiCloudメニューで同期する項目を選択、同期したくないデータについてはオフにすることで、同期しないよう設定することもできます。
iTunesを利用して同期するには、予めパソコンにiTunesをインストールしておきます。

 

同期手順はこうなります。iTunesを起動し、USBケーブルでiphoneとパソコンを接続、iphoneが正常に認識されると、画面左上にiphoneのアイコンが表示されます。
アイコンが表示されない場合は、一旦パソコンからUSBケーブルを抜き、
iphoneのコネクタにUSBケーブルがしっかりと接続されているかどうかを確認し、再度パソコンと接続を行います。

 

画面左側にミュージック、ビデオ、写真など同期可能なデータのコンテンツタイプのリストが、画面右側にはOSのバージョンや残容量等が表示されます。
リスト上で同期したいコンテンツタイプをクリックし、同期の設定を行います。
例えば「音楽」をクリックすると、ミュージックライブラリ全体を同期するか、もしくはチェックボックスから同期するアーティストやプレイリストを個別に選択することも可能です。
全てのコンテンツタイプについて同期設定を行った後、画面右下の「適用」をクリックすると同期が始まります。同期を無効にするには、チェックボックスを外し「適用」をクリックします。