iphoneとパソコンをつなぐ

iphoneとパソコンをつなぐ

iphoneはコンパクトなので持ち歩きがしやすいという一方で、データ容量には限りがあるため、
撮影した写真や動画などはよりデータ容量大きいパソコンに保存することをおすすめします。
大事なデータが、iphoneの故障によって失われないようにするため、定期的にパソコンにデータを保存すると安心です。
また、パソコンに保存された音楽をスマートフォンで聞きたいときにも、
パソコンからiphoneにデータを移動させるために、iphoneとパソコンをつなぐ必要があります。
どちらかにあるデータや音楽を閲覧したり視聴するときは、
インターネット環境が整っているのであれば、iTuneをそれぞれダウンロードしてログインすれば簡単にできます。
ただ、データを移動させたいときは、iphoneとパソコンをつなぐ必要がありますが、繋ぎ方はこうなります。
iphoneを購入したときに、同梱されていたlightningUSBケーブルを用意します。
lightningUSBケーブルは、Apple社の純正のものが安心して使えます。
lightningUSBケーブルとよく似ているのが100均や電気量販店で販売されている充電ケーブルです。
見た目がよく似ていますが、全く別物なので注意が必要です。
lightningUSBケーブルの一方をiphoneにつないで、もう一方がUSB型になっているのでパソコンのUSB部分に差し込みます。
そうして、iTuneを立ち上げれば、iphoneで撮影した写真や動画を簡単にパソコンにデータ移行させることができますし、パソコンに保存していた音楽をiphoneに移行させることができます。lightningUSBケーブルでつないだら、iphoneのホーム画面から設定を選び、インターネット共有をオンにすることができます。
そうしたらiTuneのデータをインターネットを経由して簡単に共有することができるので、より便利になります。